ドールハウスの中の様子

結婚して、約一年の妊娠を経てかわいいわが子が新しい家族になる。
誰もが夢見る幸せな生活です。
子供が生まれると、楽しみのひとつが『ファッション』でしょう。
どんな服を着せようか、帽子や靴などとにかく楽しみにはきりがありません。
生まれる前、赤ちゃんの服をいくつか用意します。
こんな小さい服を着るんだと思うととても愛しい気持ちになります。
いざ生まれて服を着せると、小さいと思ってた服もぶかぶかで、赤ちゃんの小ささに驚くことでしょう。
しかし子供はすぐに大きくなります。
新生児用のものは2か月もすぎるころにはつんつるてんになってしまうのです。
それほど子供の成長は早いということです。
生まれてから新しい季節を迎えるたびに新しい服を用意しなければなりません。
大きくなると思って大きめのものを購入しても、思い通りに成長するとは限りません。
その時々に合った服を買ってあげましょう。
また、出産のお祝いに子供服をもらうことも多いと思います。
ひとつずつきちんとサイズを確認しておかないと、着れる時期や季節を過ぎてしまい、結局着せられず終わることになりかねかせん。
子供の服は小さいので、編み物やミシンで手作りしてあげると素敵です。
毎年買い替えなければならないのでお金はかかりますが、上の子のものを大事にとっておいたり、子育てが終わった人からいただいたりすれば少しは節約できます。
うまく活用していくといいと思います。
一歳に近づき、そろそろ歩くかなというころにはいつごろ靴を買ってあげればいいのか、サイズはどれくらいなのかということに悩むと思います。
子供用の靴は一般の靴屋でも置いていますが、子供用品専門店のほうがサイズも小さいものからありますし、足の大きさも測ってもらえます。
サイズを測ってもらうときには靴下を忘れずに持って行きましょう。
つたい歩きをし始めて、靴を履くことに慣れるためのファーストシューズ。
これは底が柔らかくできていて、子供の足を痛めません。
ただし外を歩くことには不向きですので、室内で履かせるようにしましょう。
しっかり歩けるようになったら、底の固い靴に買い替えます。
アスファルトでも足を痛めにくく、安心して外を歩くことができます。
着脱させやすいものがいいでしょう。
室内では歩くのに、靴を履くと歩かなくなる子もいますが、一時的なものでじきに慣れるので大丈夫。
子供の足はすぐに大きくなります。
常に足先がきつくなっていないかを確認しながら、三か月に一度くらいは買い換えてあげてもいいでしょう。

オススメリンク

輸入子供服通販でお馴染みの|アパルトマン・サラン

人気のファッション

子供向けの洋服や靴はかわいいデザインのものが多く、プレゼントとして購入するのも結構楽しいものです。子供も、小学生くらいになると自分の気に入ったものがわかってきて、少し大人の仲間入りしているため、アニメ系の洋服や靴は遠慮しなければなりません。…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031